『オーガニック・コットン』とは

『オーガニック・コットン』(有機栽培綿)とは

最短でも3年以上農薬を使用せず栽培されたことが、認証機関によって証明されたコットンです。


一般のコットンとは違い、

化学肥料、除草剤、害虫駆除のための薬剤、刈り取りのための枯葉剤などを使用せずに、

自然の力を最大限に生かした有機栽培で大切に育てられています。


原綿を糸にそして生地にするまでの加工にも、

脱脂・漂白・染色・防縮、柔軟などの化学処理を施されていませんので、

綿本来の持つふんわりとした優しい肌触りが実感いただけます。


高い安全性が証明された、人にも地球にも優しい素材です。

オーガニックコットンは自然の力を最大限に生かした栽培方法で育てられています。


有機肥料を用いて土壌に栄養を与え、天敵の益虫(テントウムシなど)による害虫の駆除を行います。


畑の周りに、害虫が嫌うニンニクや唐辛子のような刺激臭のある作物を植えて害虫を防いだり、

また逆に害虫の好む糖分の多い作物を周囲に植え、そちらにおびき寄せて、

害虫がコットンに付かないように、昔ながらの農法を駆使しています。


これらの農法は、自然環境に負荷を与えず、綿花を栽培する農家の人々の健康も損ねません。

(一般の綿畑で働く人々は化学農薬の健康被害を受けて苦しんでいると言われています)

オーガニックコットンには、生成りの3つの色があります。


「白」「茶」「緑」です。

もともとコットンの原種の色は茶色でした。

白の綿花は、古代の人々の必要に応じて品種改良されて出来てきたのです。  

染色を楽しむようになると、白が最も有利で、茶色い綿の色は邪魔になりました。

そこで茶色の綿は栽培しなくなり、白い綿ばかりになりました。

そして、とうとう「コットンは白」が常識になったのです。

1980年から1990年に掛けて、オーガニックコットンが出現すると、

色のある綿、カラーコットンが、注目され、数千年の眠りから覚めて栽培されるようになりました。


自然の恵み、生成りの白・茶・緑、それぞれのカラーの個性を楽しんでみて下さい。

オーガニックコットンの主な生産地は、                                                           

インド、ウイグル、トルコ、タンザニア、ウガンダ、ペルー、アメリカなどが挙げられます。

日本のような高温多湿な国では、収穫量が低く、人件費も高いので採算が合わず、綿花づくりは広まりませんでした。

エースファド
オーガニックコットンはトルコウイグル産のを使っています。

生まれつきの色、生成りの白や茶、緑の色は、花や野菜の色が一つ一つ異なるのと同じように、

綿の品種や栽培された地域そして収穫された時期などによって少しずつ色味は異なります。

一般のコットン製品の場合は、品質として厳しく同じ色が求められます。

そこで、それぞれ色の異なる不揃いの色のコットンを化学薬剤で漂白して、

真っ白にしてから染色を行い、色を調整しています。


当方のオーガニックコットンは、漂白はもちろん、

どの工程でも綿の性質を変えるための化学処理を極力施工せずに、製品づくりをしています。

ですから、同じ商品でも色合いが少し異なることがあります。

天然の素材が持つそのままのカラーは個性と捉えていただき、そのカラーとの出会いを楽しんでいただけたら幸いです。


太陽をたくさん浴びて育ち、除草剤などの農薬を使用していないオーガニックコットンは、空気を多く含んで軽いのが特徴。衣料品にすると冬は保温性にすぐれ、夏は吸湿性があるためにさわやか。一年中快適な着心地が楽しめます。

風合いを損ねないよう、蛍光増白剤入りの洗剤の使用は避けましょう。可能なら、
化学合成剤&漂白剤無添加の洗剤をお勧めします。長くお使いいただくため、そして繊維の傷みを防ぐため、下記の注意点をご参考してくださいね。

・長時間の付け置きしない
・長時間日干ししない
・水温は40度以下で洗う
・手洗いをお勧めですが、丸洗いもOK。
・脱水は短時間で済ませる。
・あて布をしてアイロンをかける
・丸洗いする場合は洗濯ネットに入れて洗う。

ベビー服 訳ありセール


新入荷商品





下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

オーガニックコットンについて
サイズについて
インポートブランド輸入服について

インポートベビー服 卸
エースファド facebook ページ


カレンダー
  • 今日
  • お休みとさせて頂きます

ご注文は24時間365日受付中!お休みの日 メールの返信、お電話の対応ができません。 ご了承下さい。

ページトップへ